遺産に不動産が含まれている場合は鑑定士の手配も必要

遺産相続の際に弁護士を選ぶポイント

遺産相続の問題で話がこじれてしまった際、弁護士に相談することはとても効果的です。プロの立場から発言してくれるため、話をスムーズに進めることができるのです。弁護士を選ぶ上のポイントとして、まずは遺産相続の問題を取り扱っている事務所を探すことは重要です。弁護士にも得意不得意のジャンルは存在するため、遺産相続の問題に関する実績があると、安心して任せることができます。
今はホームページを開設している事務所も多いため、遺産相続というキーワードに加えて地域で絞って検索すると、簡単に事務所を見つけることができます。いいなと思う所を見つけたら、まずは依頼する前に、相談だけでも乗ってもらうといいでしょう。
ネット上では判断しきれない弁護士の人間性などを肌で感じることができ、依頼人の話を親身に聞いてくれる人か見極めるためには一番良い方法です。
また、遺産相続の問題において、他の業種と連携している弁護士かどうかは重要なポイントです。遺産に不動産が含まれる時は、相続において不動産鑑定士を頼まなくてはいけません。そういったことにも対応できる弁護士かどうかは、話をスピーディーに進めることに大きな差が出るのです。遺産相続の経験値のある弁護士にお願いすることで、話し合いを円滑に進められるでしょう。

遺産相続は自分で悩まず弁護士に相談

遺産相続で頭を抱えていらっしゃる方は、自分で悩まずに弁護士の先生に相談してみるのが一番いいと思います。
例えば遺産相続の遺産の形を一つとっても住宅などの資産や、預貯金などの現金など様々な種類があります。
もちろん種類が異なれば、その分遺産相続にかかる際の税金の税率等も異なってきます。
まず遺産の形について自分が把握しているものがすべてとは限りません、例えば家族の共有物だったりすると「これは相続の対象じゃないと思う」と安直に判断しかねません。もちろんその判断が合っていれば問題ないですが、間違っていた時が大変です。相続の時に課税の対象になるものに対して申告漏れがあると、それが発覚した際に追徴課税(税金を払うべきタイミングで正しく申告しなかったことにより、罰則も含め本来払うべき税金よりさらに大きな税を払わないといけないこと)になることもありえます。
一方でプロの弁護士であれば、相続の対象の人の家族構成や居住状況を知ることにより、正しく相続の対象範囲であったり、それに伴いどういった課税がされるのか、払い過ぎ、払わなさすぎのリスクを回避し正しくあるべき遺産相続の形をわかりやすく示してくれます。
遺産相続に悩んだ場合はプロの弁護士に相談しましょう。

人気記事

  • 弁護士を雇う費用をどこから工面するか

    遺産相続がややこしくなりそうな時は 遺産相続では、故人の所有していた土地や建物、宝石や絵などの…

    » 続きはコチラ

  • 無料相談ができるところもある

    問題がこじれる前に相談をする 親や親族がなくなったときに問題になるのが遺産相続です。持っている…

    » 続きはコチラ

  • 骨肉の争いになるまえに

    遺産相続の相談はプロの弁護士へ 遺産相続の相談はプロの弁護士が理想で、中でも遺産相続に強い弁護…

    » 続きはコチラ

  • 遺産に不動産が含まれている場合は鑑定士の手配も必要

    遺産相続の際に弁護士を選ぶポイント 遺産相続の問題で話がこじれてしまった際、弁護士に相談するこ…

    » 続きはコチラ