骨肉の争いになるまえに

遺産相続の相談はプロの弁護士へ

遺産相続の相談はプロの弁護士が理想で、中でも遺産相続に強い弁護士がおすすめです。
弁護士は借金問題や離婚、刑事事件、民事事件、遺産相続などそれぞれ得意分野があり、専門に取り扱う傾向があります。
その為、自分が相談したい内容に強い弁護士が理想的となり、遺産相続を専門に取り扱う弁護士探しが必要です。
webに弁護士事務所のサイトが複数あり、それぞれの特徴や実績などが掲載されているので、遺産相続の実績をチェックして依頼先を選ぶ方法がおすすめです。
また、弁護士の紹介サイトがあり依頼内容や地域毎など調べやすくなっているので、最初はそういったサイトを利用するのも良い方法です。
遺産相続に強い弁護士が見つかった後は、自分に合うかもポイントのため実際に相談をして、弁護士や事務所の雰囲気を確認することが大切です。
その際は、話やすい人かや質問に対し適切に答えてくれるか、難しい用語を連発しないか、相続相談実績、遺産相続に必要な連携窓口があるかなどに着目してチェックしたいところです。
実績に関しては、直接質問すると本当に得意分野かどうかは弁護士の対応で分かるため、相談の時は遠慮しないでダイレクトに色々質問することが大切です。
相続のみなら費用は発生しない所がほとんどのため、何か違和感を感じたら違う事務所に相談するなど、1箇所に絞りこまない探し方が理想的です。

遺産相続があまりにもこじれてしまったら

遺産はあればとりあえず有難いことではあります。要するに受け継ぐことができる財産が多いということになりますからメリットはあります。しかし、まさに骨肉の争いになる原因でもあります。
遺産相続で揉めた場合、素直に弁護士に相談したほうがよいでしょう。遺言書があるのか、或いはない場合でも意志を示すものがあるのか、遺留分などなど相談できるところはいくつもあります。そもそも相続がそこそこ発生するのであれば最初から弁護士に相談をしておき、遺言書を書いておくべきなのです。
しかし、それができない、しなかったというときにも相続は発生するのです。そんなときに揉めるとしても弁護士に遺産相続の相談をしておいてどうにか解決できるようにしましょう。お金はかかることになりますが、法律的にこうなっているので、というのがはっきりとします。
実際問題として法定相続分というのがありますから、これに従って決めることができれば特にもめる要素などないのが遺産相続です。それでももめるのは介護負担とか学費などの子どもによって差が出る分の配慮などを求めてくる人が多いからです。そのあたりのデータなども最初か持ち込んで相談をするとよいでしょう。相場というのがわかるようになります。

人気記事

  • 弁護士を雇う費用をどこから工面するか

    遺産相続がややこしくなりそうな時は 遺産相続では、故人の所有していた土地や建物、宝石や絵などの…

    » 続きはコチラ

  • 無料相談ができるところもある

    問題がこじれる前に相談をする 親や親族がなくなったときに問題になるのが遺産相続です。持っている…

    » 続きはコチラ

  • 骨肉の争いになるまえに

    遺産相続の相談はプロの弁護士へ 遺産相続の相談はプロの弁護士が理想で、中でも遺産相続に強い弁護…

    » 続きはコチラ

  • 遺産に不動産が含まれている場合は鑑定士の手配も必要

    遺産相続の際に弁護士を選ぶポイント 遺産相続の問題で話がこじれてしまった際、弁護士に相談するこ…

    » 続きはコチラ